性病知識

☆性病とは?

難しく言うと「性的な接触によって感染する感染症」のことですが法律では、
淋病(りんびょう)
梅毒(ばいどく)
軟性下疳(なんせいげかん)
鼠径リンパ腫(そけいりんぱしゅ)
の4つの病気のことを言うようです。

この4つの病気については最近減少傾向にありますが、最近では性病と言うより
「性感染症」という言葉が広く使われ、その性感染症は急増傾向にあります。

☆性病と性感染症(STD)とは違うの?

正確に言えば上の、4つが性病。

その他、性行為でウイルスやカビによって感染する病気の総称を言います。
最近では「STD(エスティーディー)」と呼ばれています。

SEXをするだけではなく、病気によってはディープキスや前戯行為だけでも感染するものもあり、また急増傾向にあるので注意が必要です。

性病も性感染症のどちらも、普段の体調維持に心がけ免疫力を高める事が大切です。 早期発見、治療のため定期健診をしカラダを守ってあげてね!
それでは性病・性感染症の中から主な病名・特徴をご案内します。

□ クラミジア感染症(くらみじあかんせんしょう)

クラミジア菌により発症する。
潜伏期間は3日〜1週間程度。
軽度の排尿痛や灼熱感、膿が出ることもある。尿道口、亀頭部、包皮が赤く腫れる。
外来治療によるクラビットなどの抗生物質の服用で1〜2週間ほどで完治。
仮に口内に感染している場合も同じ薬で治るようです。

□ 淋病(りんびょう)

淋菌による感染。
潜伏期間は3日〜1週間ほど。
尿道炎を引き起こし、尿道口が赤く腫れ、激しい排尿痛や黄色い膿が出る。
女性の場合は更におりものに黄色または緑色の膿が混ざり、 外陰部のかゆみ、灼熱感と共に赤く腫れ、淋菌性外陰炎を起こす。
オーラルにより口の中に感染した場合は咽頭炎などの症状が出る。
外来治療によるペニシリンなどの抗生物質注射または内服薬で1週間ほど。
口内に感染している場合も投薬で治る。

□ 非淋菌性尿道炎(ひりんきんせいにょうどうえん)

一般雑菌により発症する。
潜伏期間は2〜4週間。
女性の場合は尿道が短い為に膀胱炎へと発展する可能性が高い。
軽度の排尿痛や灼熱感、膿が出ることもある。
尿道口、亀頭部、包皮が赤く腫れる。
予防には陰部の清潔に心がけること。
外来治療による抗生物質の服用で1〜2週間ほどで完治。

□ 性器ヘルペス(せいきへるぺす)

単純ヘルペスウイルスによる感染。
潜伏期間は1週間ほど。
但し、感染しても潜伏したまま症状が出ず、体調の悪い時や抵抗力の落ちた時に 発症し症状が出ることがあるため、いつ感染したものかを判断するのは難しい。
陰部にかゆみや痛みを伴う小さな水泡がたくさんできる。
激痛を感じる人も多い。
別種のヘルペスウイルスでは唇の周りに出来る口唇ヘルペスや腹部に出るものもある。
一般的に性交渉により感染する。

□ 尖圭コンジローム(せんけいこんじろーむ)

皮膚や粘膜に、乳頭腫ウイルスが感染して発症する。
このウイルスは子宮癌になる原因のひとつとも言われてますので、 子宮癌検査も受けておいた方が良いでしょう。
潜伏期間は3〜8ヶ月ほど。
亀頭や膣口の周囲に、米粒のようないぼができ、どんどん増えてカリフラワーのようになってしまう。
先がとがったようないぼなので「尖圭」なのである。
肛門の周りにできることもあるがほとんどの場合は太ももなどには広がらない。
痛みは感じない。
一般に性交渉で感染する。
外来による薬物と手術治療(電気焼灼法や液体窒素による凍結法)が主流だが、 徹底的に除去しておかないと病原が残ってしまう可能性も否定はできない。
完全な治療を行えば再発することはないと言われている。

□ カンジダ膣炎(かんじだちつえん)

誰もが持っているカンジダ菌(真菌:カビ)が原因。
普通は腸内に寄生しているため便に混ざっており、そこから菌が付着することが多い。
通常でも1割ぐらいの人は膣内にカンジタ菌がいると言われている。
抗生物質やステロイド剤を長期間大量に使用すると発症度が増加する。
多くの女性が経験する病気で、 性交渉が無くても自然発症するので恥ずかしがらずに婦人科へ行きましょう。
性交渉でも感染することがあるというだけで、一般に言われる「性病」ではありません。

□ トリコモナス膣炎(とりこもなすちつえん)

トリコモナス原虫(細菌よりも大きな病原体)による感染。
一般的には性交により感染する。
膣の粘膜が赤く腫れ、発疹ができたりするため、性交渉時の膣の痛みや少量の出血を起こすことがある。
原虫が尿路に侵入した場合には排尿痛を起こすこともある。
主な症状は、悪臭のある黄緑色または乳白色の分泌物、かゆみ、外陰部や膣の灼熱感など。
治療はフラジール(メトロニダゾール)膣錠とフラジール内服薬の併用で2週間ほど。
再発しやすい(現在ではきちんと治療した場合、再発率は5%以下)為、 治療が終わってから次回の月経後に再検査を受け、完治したかを調べてもらう。

□ 梅毒(ばいどく)

性交による感染。
時には輸血などによる感染もありえる。
潜伏期間は3週間。
感染後、3週、3ヶ月、3年、30年ごとに症状が進行する。
3週間後、性器や鼠径部(股の付け根)に無痛の硬いしこりができ、その後自然に消失する。
3ヵ月後、無痛性の鼠径リンパ節の腫れが起こるが、自然に消失。
脱毛などの症状が起こったりすることも。
3年後、皮膚に色々な発疹や赤い斑点がでて、神経炎や血管炎を起こしたりする。
そのまま放置しておくと、30年後、色々な臓器に腫瘍が出来、壊死に至る。
脳卒中症状、神経衰弱なども起こる。
ペニシリンを中心とした抗生物質の投与による治療。

□ 軟性下疳(なんせいげかん)

日本ではあまり見られない。
性交による感染。軟性下疳菌の感染により、 3〜5日の潜伏後に感染部(外陰部等)に米粒大までの大きさの膿を持ったできものが出来る。
痛みも伴う。
できものは早期に破れて潰瘍を作り、接触部に広がっていく。
また、太ももの付け根のリンパ腺が腫れて痛む。
抗生物質による薬物療法。

□ 鼠径リンパ肉芽腫症(そけいりんぱにくげしゅ)

日本ではほとんど見られない。
クラミジア・トラコマティスの感染による極めてまれな性病。
淋病、下疳、梅毒に続き、第四性病といわれる。
潜伏期間は4〜35日。
感染部に痛みの無い小さなできものができ、太ももの付け根が腫れる。
発病し、膿を持ったできものが 膣や外陰部から尿道や直腸に及び、外陰部が象皮病のようになる。
抗生物質による治療。

□ 非特異性膣炎(ひとくいせいちつえん)

特異的な病原菌(トリコモナス、真菌〔カンジダや白癬〕、淋菌)によらない膣炎を言う。
タンポンや避妊具、またはクレゾールなどの洗浄液の使用により、膣の自浄作用が低下して その結果、大腸菌やブドウ球菌などの雑菌が繁殖しやすくなる。
特にタンポンの長時間入れっぱなしによる原因が多い。
症状は一般的に軽く穏やか。
白または黄色っぽいおりものが出る。 時には外陰炎やかゆみをともなうこともある。

□ 外陰炎(がいいんえん)

外陰炎は他の皮膚病に比べ、抵抗力が弱く、不潔にしていると炎症を起こす。
おりものや経血の付着が誘因となる場合が多く、膣炎と合併して起こることが多い。
特に不潔にしていなくても、下着などの摩擦による刺激が原因となることもある。
症状としては、まず かゆみがあり、炎症が進むと外陰炎が赤く腫れ、痛みを伴ったりする。
下着で擦れたり、指で触ったりすると症状はますます酷くなり、 ただれができると少量の出血が起きることもある。
また炎症があるときは、入浴時に石鹸で洗うと症状が悪化することがあるので 低刺激性の石鹸か、お湯で丁寧に洗い流すようにした方が良い。

□ 毛ジラミ

シラミの一種の毛ジラミが原因。
灰白色〜褐色の成虫は肉眼で確認できる。
皮膚の接触による感染で、性交渉が主な原因。
シラミが原因なので、衣類や寝具の共有によっても感染する可能性が高い。
当然ながら すね毛、脇毛、頭部にも感染する可能性もある。
陰毛に寄生し、陰部のかゆみが徐々に激しくなり、下着に血の点が付着することもある。
治療は陰毛を全部剃り、皮膚科で処方された軟膏を塗る。
最近は陰毛を剃らずに治療することも出来るようだが、若干期間が長くなるようだ。
1〜3週間ぐらい。
保険が効く。
感染中は寝具や下着の共有を避け、洗濯や熱湯消毒を毎日行うこと。

□ エイズ

HIV(ヒト免疫不全ウィルス)に感染して起こる病気。
感染すると、身体を病気から守る免疫系が破壊されて、身体の抵抗力が低下し様々な感染症や悪意腫瘍にかかってしまう。

しかし、HIVは感染力が弱く、感染経路も限られていますから、感染予防は確実にできます。

HIVは主として血液・精液・膣分泌液によって感染するので 日常の社会生活では性行為以外では、まず感染することはありません。
性行為におけるコンドームの正しい使用は、エイズや他の性感染症予防にとって有効な手段です。
現在では、発病を抑えるよい薬も開発されており、世界中で治療薬やワクチンなどの研究が進んでいます。